ブライス(Blythe)の種類について(1)

世界中で高い人気をほこる「ブライス(Blythe)」 すでにこのとてもかわいらしく、そしてちょっと生意気そうな表情を持つファッションドールに魅了されている方も多いのではないでしょうか。あるいはInstagramなどのSNSで見かけて、気になり始めているという方もいるかも知れませんね。

そこで今回から、ブライス(ブライスドール/ブライス人形とも)について、「ヴィンテージブライス」「ネオブライス」「 ミディブライス」「プチブライス」といった大きなカテゴリーから、アニバーサーリーやコラボレーションとして誕生した限定モデルまで、、「ブライス」の全種類を紹介するべくコラムを始めたいと思います。

ビンテージブライス 画像は復刻モデル

ビンテージブライス 画像は復刻モデル

それでは最初に「ヴィンテージブライス」についてご紹介しましょう。ブライスが誕生したのは1972年。アメリカのケナー社(Kenner)から幼児向けのお人形として発売されましたが、残念ながらあまり人気が出ず、わずか1年で販売終了となってしまいました。ケナー社はスター・ウォーズやエイリアンなどのフィギュアで有名ですが、ドールも手がけていたんですね。

現在、「ヴィンテージブライス」もしくは、ヴィンテージ、ヴィンちゃん、ヴィン子、と呼ばれているのは、このときケナー社で作られていたブライスを指します。ヴィンテージブライスの髪色は、黒髪・赤毛・ブロンド・ブルネット(濃い茶髪)の4種類。瞳の色が変わるギミックはこのときすでに採用されていました(スゴイ!)。