テディベアいろいろ シュタイフ、ハーマン、メリーソート

テディベアいろいろ シュタイフ、ハーマン、メリーソート

テディベアいろいろ シュタイフ、ハーマン、メリーソート

現在テディベアは世界中のメーカーが製作しており、さまざまな種類があり、その見た目もメーカーによりまったく異なります。その愛くるしさから特に女性に人気のぬいぐるみとなっているテディベア。今回はその中でも、人気のメーカーについてどのようなものがあるのかをご紹介します。

■テディベアの種類
「テディベア」と聞くと、特定の定義があったり一種類しかないようなイメージを持っている人もいますが、実はテディベアの種類は一つではありません。一般的にはクマのぬいぐるみはすべてテディベアと呼ばれており、ドイツのシュタイフ社やハーマン社、イギリスのメリーソート社などが有名です。

なぜテディベアという?
ではなぜテディベアと呼ばれるようになったのかというと、それはアメリカのルーズベルト大統領に由来します。ルーズベルト大統領がある日クマを狩りに行っていると、同行している人物がクマを追い詰めました。その人物はとどめをさすのをルーズベルト大統領に頼みましたが、大統領は「スポーツマン精神に反するから瀕死のクマは撃てない」と拒否しました。この話を聞き、ロシアからの移民であるモリス・ミットムがアイデアル社を興し、ルーズベルト大統領の愛称である「テディ」をとって「テディベア」を製作・販売し始め、これが定着して現在でも親しまれています。

シュタイフ社のテディベア
シュタイフ社はドイツのぬいぐるみを製作している会社で、はじめはゾウのぬいぐるみを製作していました。以前からあたためていた「本物のようなクマのぬいぐるみ」を作るというアイデアを実現し、世界で初めてテディベアを作った会社で、テディベアを語るうえでは欠かせないメーカーの一つといえるでしょう。シュタイフの製品は職人の手で一体ごと丁寧にハンドメイドによって作られており、そのクオリティはさすが老舗メーカーという出来になっています。

欧米では「出産祝いにはシュタイフを」といわれるほど人気のぬいぐるみで、素材もエコテックスという世界基準で、人体や環境に配慮した赤ちゃんにも安心なものを使っており、プレゼントとしても喜ばれています。

シュタイフ社で作られたぬいぐるみには耳に「ボタン・イン・イヤー」というタグが付けられています。テディベアは高額なものも多いため、偽物が出回っている現状があります。それを防ぐために、ボタン・イン・イヤーに製品の品番、素材、地域、数量、年度、製造番号などが記載され、偽物と区別できるようになっています。限定品も多く作られており、シリアルナンバーが刻まれた証明書も付いています。

ハーマン社のテディベア
ハーマン社はヨハン・ハーマンが創業した会社で、最初のテディベアを作ったのは1913年です。同社には「ハーマン・テディ・オリジナル社(通称赤ハーマン)」と「ハーマン・コーブルグ社(通称緑ハーマン)」という2種類の会社があります。赤ハーマンのぬいぐるみは日本国内で主流となっており、ワールドカップやオリンピックなど、トレンドを意識したものが多く発売される傾向があります。同製品には赤いタグが付けられ、素材は毛の長いモヘアというアンゴラ山羊の毛がよく使われています。

一方緑ハーマンは緑色のタグが付けられ、ドイツの伝統的な衣装を身につけたものなど、ドイツの伝統的な要素が強く反映されているものが多く、値段も高額になっています。日本ではほとんど取り扱いがなく、入手が難しくなっています。

メリーソート社のテディベア
メリーソートの代表ともいえるのが、「ロンドンゴールド」というクラシックな形状のテディベアです。表面の生地はモヘアから作られており、手触りはビロードのように柔らかく、名前の通りゴールド色となっています。テディベアと聞くとこの形を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。サイズは25cm〜53cmまでを展開しています。

また、メリーソートのチーキーベアもメリーソートの看板商品ともいえるテディベアです。ほかのぬいぐるみよりも口角が大きく上がっているデザインが特徴で、子グマというよりは赤ちゃんグマに近いような印象を受けます。メリーソート・チーキーベアには、その証として両耳に鈴が入っており、揺らすたびに可愛らしい音が鳴ります。

チーキーと並んで人気のパンキーというテディベアもいます。パンキーはチーキーと似た表情をしていますが、頭がモヒカンになっているのが特徴で、いたずらっ子のようなイメージになっています。ウサギの被り物デザインなどさまざまなタイプが販売されており、一目見ると欲しくなること間違いなしです。

■まとめ
ぬいぐるみといえば必ず一番に挙がるといっても過言ではないテディベア。高額なものも多いですが、老舗メーカーがハンドメイドで作っていたり、高級ブランドとのコラボ品など、それだけクオリティやコレクション価値の高いものばかりです。それだけではなく、もちろん子供や女性の愛用品としても親しまれており、長く使えるものとなっていますので、プレゼントとして送ってみるのもいいかもしれませんよ。

The following two tabs change content below.

トーイ店長

ブライス、プーリップ、ドルフィー、ピュアニーモ、momokoDOLL、えっくすきゅーと、リカちゃん、バービー、ジェニーなど高価買取しているニャ!